一戸建てと区分建物、それぞれに所有権保存登記は必須

新築住宅に必須!!でも、知られていない所有権保存登記

新築住宅に必須なものは何でしょうか。新築を建てるには資金が必要だという意見ももちろん正しいです。しかし新築住宅には必須になる要素がいくつもあり、その一つに所有権保存登記が挙げられます。

一般住宅の場合、所有権保存登記の申請があってこそ住宅は成り立ちますが、この所有権保存登記は知らない方も大勢いらっしゃいます。あまり知られていない住宅のうえで必須の登記は、申請人が限定されており、誰でもカンタンに登記できるものではありません。また、表題部所有者による所有権保存登記の方法もあり、表題部所有者の相続人による所有権保存登記もあります。

また、一般住宅だけでなくマンションの場合の所有権保存登記もあります。一戸建てとは異なり、区分建物であるマンションの所有権保存登記の申請は、敷地付き区分建物のときの保存登記の方法も別にあります。敷地権と区分建物の関係も重要といえるのです。敷地権付き区分建物の所有権保存登記の申請人や、そのための申請情報もマンションにおいては無くてはならない要素です。敷地権付き区分建物の登録免許税や、所有権保存登記のための抹消など、必要となる情報があるため、それぞれについての内容を把握しておく必要があるといえます。

新築住宅に必須!!でも、知られていない所有権保存登記

一般住宅の場合の所有権保存登記の申請

所有権保存登記は所有権の登記のない不動産についてのもの

マンションの場合の所有権保存登記の申請

共有部分と専有部分に分かれている区分建物のマンション

Category

  • 一般住宅の場合の所有権保存登記の申請
    • 所有権保存登記とはどんな登記か
    • 所有権保存登記の申請人は限定
    • 表題部所有者による所有権保存登記
    • 表題部所有者の相続人による所有権保存登記
    • 確定判決の効力を利用する所有権保存登記
    • 所有権保存登記の申請情報
    • 不動産登記法74条1項1号・2号の登録免許税
  • マンションの場合の所有権保存登記の申請
    • 区分建物とはどんな建物か
    • 敷地権付き区分建物のときの所有権保存登記
    • 敷地権と区分建物の関係
    • 敷地権付き区分建物の所有権保存登記の申請人
    • 敷地権付き区分建物の所有権保存登記の申請情報
    • 敷地権付き区分建物の登録免許税
    • 所有権保存登記の抹消